※当サイトは一部「PR」を含みます。

今月いっぱい(5/31まで)
すららキャンペーン私もおすすめ「通信教育すらら」がキャンペーン中。
入会金0円 かなりお得です。
✅ 詳しくは➝ https://surala.jp/

中学受験の算数に問題集よりも明らかにおすすめな勉強方法

中学受験の算数に問題集よりも明らかにおすすめな勉強方法

TSUTOMU

中学受験に向けて算数におすすめの問題集とは?

これについて私もいろいろと考えましたが、ベストな方法は問題集よりも「通信教育」

なぜなら通信教育は問題集のデメリットをすべてカバーして、さらに時間効率が大幅にアップするため。

そこで「中学受験の算数にも問題集よりもおすすめの勉強方法」という題目で、ここでは勉強効果の高い”通信教育”にスポットを当ててご紹介しようと思います。

中学受験合格へ向けて、本当に興味のある方だけ読み進めてください。

 

中学受験の算数に問題集よりおすすめの勉強方法

中学受験の算数に問題集よりおすすめの勉強方法

私の考える問題集よりもおすすめの勉強方法「通信教育」ですが、とくに紙よりも”ネット教材”が便利です。

ネット教材には、このようなメリットがあるため。

  • いちいち書店へ足を運ばなくて済む。
  • E-ラーニングシステムによって苦手箇所がパッ!とわかる。
  • 小学生で習う単元を全て勉強できる。
  • 情報量が膨大でたくさん問題を解くことができる。
  • 正誤が瞬時に分かるため”丸付け時間”を短縮できる。

TSUTOMU

このように通信教育(ネット教材)は、問題集のデメリットをすべてカバーできる勉強方法です。

とくに中学受験で重要になるのが「苦手解消」「多くの問題をこなす」の2点。

まず苦手を片っぱしから解消して、たくさんの問題を解くことによって算数の点数アップへつなげることが期待できます。

しかし通信教育といえば、私たちが子供時代のころを考えるとイマイチ不安‥。

あまり勉強にならなかった記憶が‥と思われるかもしれませんが、いまの時代は学習塾以上の勉強ができるので安心してください。

自宅に居ながら便利にハイレベルの勉強ができる、これが今の通信教育(ネット教材)です。

とくに算数は「数稽古」によって身につく教科なので、情報量が多いほど有利。

したがって中学受験の算数には問題集よりも、通信教育(ネット教材)がおすすめの勉強方法というわけです。

 

中学受験の算数に問題集よりもおすすめの教材は?

中学受験の算数に問題集よりもおすすめの教材は?

中学受験の算数において、問題集よりもおすすめの教材を選ぶためには、以下の3つのポイントが重要です。これらのポイントをしっかりと抑えることで、効果的で効率的な学習が可能となります。

ポイント①学年制ではなく「無学年制」によって構成されている

「無学年制」とは、日本の教育制度で一般的な学年制度ではなく、生徒が自らのペースで学習できる柔軟な制度を指します。この制度のメリットは次の通りです。

  • 学年の枠を超えて分野ごとに勉強できる。
  • 他の学年を勉強できるため、縛りにとらわれない学習が可能。
  • さかのぼり・先取り学習が自由に行える。

従って、中学受験においては、無学年制の通信教育(ネット教材)を選ぶことが効率的な学習につながります。学年制度ではなく「無学年制」の通信教育(ネット教材)が中学受験の算数対策において重要な理由を掘り下げてみましょう。

  • 学年の枠を超えて分野ごとに勉強ができる
    学年制度では、一つの学年で特定の範囲の科目を学ぶことが求められます。しかし、「無学年制」では生徒は学年の枠を超え、個々の分野ごとに必要な知識を学ぶことができます。これにより、生徒は自身の進度や興味に応じて柔軟に学習計画を組むことができ、算数の難易度やテーマに合わせた効果的な学習が可能です。
  • 学年の縛りによって他学年を勉強できない、という状況を避けられる
    学年制度では同じ学年の生徒が同じカリキュラムを進めるため、個別のニーズや進度に合わせた学習が難しい場合があります。一方で、「無学年制」では他の学年の内容も取り入れつつ、個々の生徒の理解度や進捗に応じた学習が可能です。これにより、強化すべきポイントや苦手克服のための学習を効果的に行うことができます。
  • さかのぼり・先取り学習が自由にできる
    学年制では決められた進度に沿って学ぶことが主流ですが、「無学年制」では生徒が必要と感じる時にさかのぼり学習や先取り学習が自由にできます。これにより、新しい単元に進む前に基礎を徹底的に確認したり、先取りして未学習の内容を予習することができ、深い理解を築くことが可能です。

したがって、「無学年制」の通信教育を選ぶことで、個々の生徒に最適な学習環境を提供し、中学受験の算数対策をより効果的に進めることができます。

ポイント②本当に苦手解消へつながる優秀なE-ラーニングシステムによって作られている

教材が本当に苦手解消に効果的であるかどうかは、E-ラーニングシステムが鍵を握ります。以下は、優れたE-ラーニングシステムの特徴です。

  • 苦手箇所を正確に把握し、それに基づいた対策を提供する。
  • 生徒の回答データを分析し、個別のニーズに合わせた問題を提供する。
  • 苦手が集約されたカスタマイズされたコンテンツを提供する。

教材がこれらの特徴を備えているかどうかを確認し、本当の苦手解消を目指すことが重要です。

苦手解消へ効果的なE-ラーニングシステムが教材に組み込まれていることが、中学受験の算数対策において非常に重要です。以下に、このポイントの続きを詳しく解説します。

  • 苦手箇所を正確に把握し、それに基づいた対策を提供する
    優れたE-ラーニングシステムは、生徒が誤答した問題や理解に苦しんでいるポイントを正確に把握できます。これにより、生徒の苦手な領域を特定し、それにフォーカスした個別対策が提供されます。具体的なエラーコードや解答パターンの分析を通じて、効果的な学習プランを構築することが可能です。
  • 生徒の回答データを分析し、個別のニーズに合わせた問題を提供する
    E-ラーニングシステムは生徒の学習履歴や回答パターンを分析し、個々のニーズに合った適切な難易度の問題を提供します。生徒が十分な理解を示している部分には進んで難しい問題を出題し、逆に苦手な領域には基本的な問題を繰り返し提供することで、着実な理解を促進します。
  • 苦手が集約されたカスタマイズされたコンテンツを提供する
    E-ラーニングシステムは苦手なテーマや単元に焦点を当て、その分野に特化した学習コンテンツを提供します。苦手克服のために効果的な問題や説明が組み込まれた教材を通じて、生徒が苦手な部分を集中的に克服するサポートが行われます。

以上の特徴により、E-ラーニングシステムが本当に苦手解消へつながるかどうかを判断できます。生徒が自分のペースで学び、個別のニーズに合わせた学習が可能なため、効果的な算数対策が実現されます。これにより、中学受験の算数において確かな理解を築くことが期待できます。

ポイント③算数の理屈をしっかりと理解でき”問題が解ける”ようになる

教材が提供する映像授業が、問題の解法や理屈をわかりやすく説明できるかどうかも重要です。次の点に留意することが重要です。

  • 問題と答えだけでなく、分かりやすい説明が掲載されていること。
  • 映像授業が分かりやすく、子供が本当に理解できるものであること。

映像授業が提供されることで、学習者は視覚的にも理解を深めることができ、より効果的な学習が可能です。

このポイントは、算数の理論的な理解とその応用能力を高め、問題を解くスキルを養成することを目指しています。以下に、このポイントの続きを詳しく解説します。

  • 分かりやすい説明と映像授業の導入
    生徒が算数の理屈を深く理解するためには、分かりやすい説明が欠かせません。教材が良質な映像授業や視覚的な説明を導入することで、抽象的な概念や数学的な理屈を視覚的かつ具体的な例を通じて理解しやすくします。これにより、生徒は問題の本質的な理屈を理解しやすくなります。
  • 問題と解説の一体化
    算数の理屈を理解する上で、問題とその解説が一体化されていることが重要です。単に問題を解くだけではなく、なぜその解答が導かれるのか、どのような数学的な原理が関与しているのかを解説と共に学ぶことで、生徒は問題解決のプロセスを深く理解し、理屈を習得します。
  • 応用問題の活用
    算数の理屈を理解するためには、単なる計算問題だけでなく、実際の応用問題にも取り組むことが重要です。応用問題は理論を実際の状況に適用する機会を提供し、生徒が学んだ理屈を実践的な状況で活用できるようになります。これにより、単なる計算力だけでなく、問題解決能力も向上します。
  • フィードバックと繰り返し学習
    生徒が誤答した場合や理解が不十分な場合には、適切なフィードバックが提供されることが重要です。このフィードバックをもとに、生徒は間違いを修正し、理屈を正確に理解するようになります。繰り返し学習を通じて、理屈を徹底的に理解し、問題解決のスキルを向上させることが可能です。

以上の方法を組み合わせることで、算数の理屈をしっかりと理解し、問題解決能力を高めることができます。生徒が理屈を理解し、それを実践できるようになることが、中学受験の算数対策において成功への鍵となります。

 おすすめ記事 

このようなポイントを抑えた通信教育(ネット教材)は、こちらでご紹介しています。

【自宅で簡単】小学生の算数がよく身につく勉強方法

 

中学受験の算数に問題集よりもおすすめな勉強方法まとめ

中学受験の算数に問題集よりおすすめの勉強方法

通信教育(ネット教材)

  • いちいち書店へ足を運ばなくて済む。
  • E-ラーニングシステムによって苦手箇所がパッ!とわかる。
  • 小学生で習う単元を全て勉強できる。
  • 情報量が膨大でたくさん問題を解くことができる。
  • 正誤が瞬時に分かるため”丸付け時間”を短縮できる。

中学受験の算数に問題集よりもおすすめの教材

  • 学年制ではなく「無学年制」によって構成。
  • 本当に苦手解消へつながる優秀なE-ラーニングシステム。
  • 算数の理屈をしっかりと理解でき問題が解ける。

TSUTOMU

これで「中学受験の算数に問題集よりも効果的な勉強」が期待できます。

もちろん優秀な問題集が見つかれば、ぜひそちらを使って受験勉強をさせてください。

私はそこまで中学受験に合格できればそれでOKなので、合格できそうな内容であれば問題集でも大歓迎です。

ぜひ中学受験の算数を、しっかりと勉強できる方法として参考になさってみてください。

 

 こちらもおすすめ 

【小学生】理科と社会をしっかりと勉強できる通信教育3選

小学生タブレット通信教育「低学年1~3年生向け」でおすすめな教材3選

小学生タブレット通信教育「高学年4~6年生向け」でおすすめな教材4選

 おすすめ記事 

オンライン家庭教師で中学受験をめざす選び方のポイントとおすすめ3選