小学生 タブレット 通信教育私にも小学生の子供がいます。

子供のためにも上っ面などに惑わされず「本質」をしっかりと探っていくことが通信教育選びでは大切だと思っています。

小学生タブレット通信教育について詳しくお伝えしていきます。

小学生 タブレット 通信教育こんにちは!もと塾講師のTSUTOMUと申します。
現在は塾講師の経験をステップとして、独立して小学生・中学生に勉強を教えています。ここでもリアルな情報をお伝えしていきます。

一見すると華やかに見える小学生タブレット通信教育も、実際に中身をしっかりと探ってみると「これで本当に勉強になるの?」「めっちゃ使いにくい!」など教材によって様々です。

小学生タブレット通信教育をキャッチコピーなどに踊らされず、本当の意味で「本質」の部分にピタッと焦点を当てて、きちんと学力向上につながる教材を探っていきます。

くれぐれも”上っ面”だけの、中身のない情報に惑わされないようお気を付けください。

「中学生」の通信教育についてはぜひ姉妹サイトでご覧ください。

中学生の通信教育ランキング

小学生タブレット通信教育の種類

小学生 タブレット 通信教育

ひと口に「小学生タブレット通信教育」といっても、その種類はさまざま。

小学生で必要となる勉強は、基本的に5教科(国算英理社)・英会話・英検になります。

それぞれの小学生タブレット通信教育でチェックすべきポイントをお伝えします。

小学生タブレット通信教育「5教科(国算英理社)」のチェックポイント

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育でまずチェックしておきたいのが5教科の教材。

学習塾の代わりに利用する、という家庭も年々増えつつあり人気のあるジャンルです。

この5教科(国数英理社)でチェックしておきたいポイントはこちら。

  • いかに「つまずかない」工夫のある教材か?
  • 困ったときのサポート機能がしっかりしているか?
  • 「映像授業」などでわかりやすい説明がされているか?

いくら小学生タブレット通信教育に取り組んでみても、目指すのは学力向上。

1人でも進んでいける”わかりやすい説明”になっていなければいけません。

とくに「映像授業」は子供の理解に大きく役立ちますので、この機能が搭載されているものを選ぶことで結果も違ってくるはずです。

 

小学生タブレット通信教育「英会話」のチェックポイント

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育では「英会話」も学習することができます。

一般的にオンライン英会話などと呼ばれて、これまでのようにスクールに通わず自宅で学習できることで便利な小学生タブレット通信教育と人気です。

この小学生タブレット通信教育「英会話」のチェックポイントはこちら。

  • 日本語で質問ができるか?
  • きちんとしたテキストが用意されているか?
  • いきなりカランメソッド系の学習になっていないか?

まず小学生タブレット通信教育「英会話」で基本となるのが、日本語で質問ができること。

中には”ネイティブ講師で英語のみ”という場合もありますが、質問を英訳してるうちに終わってしまいます。

カランメソッドというのは、いわゆるスパルタ式学習のこと。

小学生にとっては初めての英会話という場合が多いため、カランメソッド式かどうかのチェックも必要です。

 

小学生タブレット通信教育「英検」のチェックポイント

小学生 タブレット 通信教育

学校の勉強以外に必要になるのが英検で、小学生のうちに3級を目指したいところです。

いまの時代は、小学生タブレット通信教育でも英検を学ぶことができます。

小学生タブレット通信教育「英検」でのチェックポイントはこちら。

  • 2次面接試験まで勉強ができるか?
  • 合格できるカリキュラムが組まれているか?

英検の筆記試験の勉強は、通信教育ではなくとも方法はいくらでもあります。

2次面接試験勉強は英会話スクールに通う必要があるため通信教育の大きなポイント。

さらに苦手克服機能などがあれば、効率よく英検に向けての勉強ができます。

 

小学生タブレット通信教育の種類について徹底解説

小学生タブレット通信教育の無学年制のメリットやおすすめ教材

小学生タブレット通信教育「プログラミング」のチェックポイント

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育で「プログラミング」といえば新しいジャンル。

2020年度より義務教育化となるプログラミングを今のうちにスタートして、教科でトップを目指そうとする家庭がオンラインプログラミング教室を利用しています。

 

まだまだ自宅から通える範囲にプログラミング教室がないことが多く、自宅で学習できるオンラインプログラミング教室が便利なんですね。

しかしオンラインプログラミング教室といってもさまざまで、小学生に対応しているところはほんの一握りというのが現状。いかにその中から小学生でも理解できるオンラインプログラミング教室を探すかというのが大きなポイントになってきます。

オンラインプログラミング教室でのチェックポイントは以下の通り。

  • 子供が興味を持てそうなゲームプログラムなどのカリキュラムがあるか?
  • いきなり難しい理屈ではなく理解しやすい指導になっているか?

まずはこの2点に集中して、さらに小学生向けのオンラインプログラミング教室を探す。

今後の社会で必要になることで義務教育化されるので、将来のためにも大きな力につながる重要な教科になってきます。

 

小学生タブレット通信教育「ハイレベル」教材

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育でも、偏差値の高い「ハイレベル」な教材があります。

偏差値でいえば60~70あたりの学習ができる内容。

難関私立や中高一貫など、難易度の高い受験を考えるときに効果的な勉強ができます。

 

小学生タブレット通信教育でハイレベルな勉強ができるの?

そんな声を耳にしますが、学習できる内容というのは一般的な塾と変わりません。

教材によっては塾よりも多くの勉強ができたり、通塾の必要がないために時間効率の良さからより合格に近づく可能性が高まるのが小学生タブレット通信教育のメリットです。

 

小学生タブレット通信教育でハイレベルな勉強をした家庭は、こんな感想を持っています。

通塾時間を短縮できたので、勉強により多くの時間を使うことができた。

思ったよりレベルが高く、すべてを理解しきれなかった。

何にしてもレスポンスが速いため、子供がムダに頭を使うことがなかった。

はじめは学習塾と並行して小学生タブレット通信教育を始める家庭が多いものの、続けているうちに通塾の必要がないことやレスポンスの速さから通信教育1本に絞る場合も。

受験当日になって、口を揃えていわれるのが「勉強時間が足りなかった」です。

時間の大切さに気付いた家庭から、効率の良い通信教育に切り替える場合も多くあります。

 

小学生タブレット通信教育の効果は?

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育の効果についてはイマイチわからない‥という家庭も多いはず。

なんとなく便利そうだけど、本当に勉強になるものなの?

そんな不安があると思いますが、もしかすると学習塾よりも効果的かもしれません。

 

小学生タブレット通信教育の効果には、おもに3つのものがあります。

  • 時間効率の大幅なアップ。
  • テスト結果がすぐにわかることによる頭の中の流れ。
  • 映像授業の効果による「つまずき」の解消。

まずもっとも時間効率がアップする部分に「通塾の必要がない」こと。

たぶんこの効果があるために便利そう‥と思っているはず。

確かにこれによって大幅な時間短縮ができるため、より多くの勉強ができるのが通信教育なんです。

 

さらに”テスト返し”まで待たなくてもいいんですね。

その場で正誤が分かるので、子供が問題を解いて「頭の中がそのまま」の状態で直せる。

じつはここに気付くかどうか?によって今後の成績が大きく違ってきます。

子供の頭の中がそのままということは、つまり解き方まで残っているということ。

「さっきのあの部分!」という気づきがあることによって、正解を見出す力につながるんですね。

 

もうひとつの効果「映像授業」では、今までの”つまずき”解消に結びつきます。

学習塾でも過去の授業を見ることはムリな話。

つまずきというのは”基礎が理解できていない”ことで起きる現象なんですね。

基礎の理解にはないが必要か?

この答えは「その単元の授業を見ること」なんですね。

ほかにつまずきを取る方法というのはありません。

 

小学生タブレット通信教育にはこうした3つの効果があることによって、確実な勉強ができます。

考え方によっては学習塾に通うよりも、時間効率もよく映像授業もあるので効果的。

そんな効果的な勉強ができるのが小学生タブレット通信教育です。

 

小学生タブレット通信教育「効果」

小学生タブレット通信教育は続かない?

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育に限らず、小学生は通信教育が続かない‥という声もあります。

一体なんで続かないのか?

小学生の通信教育が続かない、もっとも大きな理由は「自宅学習」だから。

これを理解してからスタートしないと、途中で挫折してしまう小学生が多いんです。

 

小学生に通信教育を与えるときに、メリットとして考えるのが「手軽」ではないでしょうか?

通塾する必要もなく、さらに費用も安いため気軽に始めることができます。

そこで小学生が通信教育を続けるためには、この3つを考慮してスタートしてください。

  1. 本当に子供自身がやりたがっているのか?
  2. 自宅学習を集中してできているか?
  3. ご褒美機能ばかりに目が行っていないか?

もし通信教育を始めることで「自宅学習のクセがつくかも‥」と思っていれば大間違い。

そんな子供がいるとすれば、よほど”成績の大切さ”を理解している証拠です。

したがって「本当にやりたいのか?」を確認することがいちばん大事。

その原点となってくるのが毎日の自宅学習に取り組む姿勢で、まじめにコツコツと集中して勉強ができる子供へ「より効率を上げる方法」として小学生の通信教育を考える。

これが通信教育を与えるときに、もっとも自然な形です。

 

確かに小学生の通信教育を皮切りに、自宅学習のクセがつく子供もいます。

ただその場合に大事なのは「成績を上げることの重要さ」を理解させることが必要。

この通信教育で成績を上げるんだ!

そんなモチベーションを持つことによって通信教育で自宅学習のクセがついてきます。

勉強の「習慣化」が何よりも大切です。

 

小学生タブレット通信教育「続かない」

小学生タブレット通信教育で受験に合格できる?

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育を使って受験に合格できるか?といえば、合格できます。

その理由は「塾となんら変わりがないため」なんです。

つまり、塾であれば講師が教えますが、小学生タブレット通信教育ではシステム。

たったそれだけの違い。

受験合格に向けて、何よりも大切なのは「モチベーション」というわけです。

 

しかし「小学生タブレット通信教育で深い勉強ができるの?」という声もあります。

本当に受験で合格できるだけの勉強ができる?と思っている家庭も多いですが、それは小学生タブレット通信教育を有効に使えていないため。

小学生タブレット通信教育には、基本的にこのようなメリットがあります。

  • 基本を理解するための、すべての単元を基礎から学べる。
  • 問題集で何冊分にもなる、膨大な量の練習問題が入っている。
  • テスト機能で学力確認ができ、その場で正誤がわかることで吸収力がアップする。

この3つのメリットは、小学生タブレット通信教育に共通するものです。

これに付随してさまざまな”便利機能”が異なっているだけ。

いくら学習塾でも、これら全てを教えることにはムリがあります。

したがって「塾よりも深い勉強ができる」というのが、小学生タブレット通信教育です。

 

小学生タブレット通信教育「受験」

小学生タブレット通信教育の口コミ評判

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育を実際に使った家庭の、口コミ評判をお伝えします。

受験の合格・不合格は別として、あくまでも使ってみた感想です。

いずれも私の近所にお住まいの方の口コミ評判です。

近所の方①

小学生 タブレット 通信教育小学生タブレット通信教育は思っていた以上に濃い勉強ができて、学習塾に通う小学生よりも効率のいい勉強になったと思います。通塾時間が省けたのが時間を有効に使えた大きな理由で、送迎などの手間もかからずとても便利に使えました。

近所の方②

小学生 タブレット 通信教育難関中学を目指そうと某有名な学習塾を考えていましたが、小学生タブレット通信教育を詳しく調べてみると合格できそうな内容だったので使ってみました。地元でトップ校をめざして見合った教材で勉強させましたが、それでも解けない問題があったりで学力向上につながりました。

近所の方③

小学生 タブレット 通信教育学習塾に通わせていましたが、あまり成績が上がってこないため小学生タブレット通信教育を始めました。当初は子供がなかなか慣れず手が止まったりしていましたが、自分なりにペースを掴んでからは成績にも変化が見られるようになってきました。

小学生タブレット通信教育の口コミ評判でもっとも多かった声が「思ったよりも勉強になった」「通塾する必要がないので時間効率が上がった」というもの。

中には「ペースを安定させることができなかった」などの声もありましたが、小学生タブレット通信教育は自宅学習の延長になるため毎日の学習目標を考えておくことも大切。

良くない口コミ評判については、小学生タブレット通信教育の「特性」を理解し切れていなかったことによるものが多かったのでは?と思います。

小学生タブレット通信教育は口コミや評判を信じすぎないことが重要!

小学生タブレット通信教育で先取り学習はできる?

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育の機能というのは、その教材によってさまざま。

「先取り学習」の機能をもった小学生タブレット通信教育も存在します。

しかし小学生タブレット通信教育というのは、じつは全ての教材において「先取り学習」ができます。

 

その理由は、小学生で習う単元がすべて勉強できるため。

中には今の学年しか勉強のできない小学生タブレット通信教育もありますが、一般的には小学1年生~6年生まで全ての単元が自由に学べるようになっています。

したがって機能面に頼らずとも、使い方次第で「先取り学習」がしっかりとできます。

さらに先取り学習でけではなく、場合によっては「後戻り学習」も可能。

このあたりについても、学習塾では不可能な「通信教育のメリット」といえます。

 

小学生タブレット通信教育「先取り学習」

小学生タブレット通信教育は発達障害との相性もいい

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育というのは発達障害の子供と相性が良いものです。

発達障害のある小学生がいる家庭は、このような悩みが多いようです。

メモ

  • 学習塾や家庭教師を探しても、受け入れてくれるところがない。
  • 放課後デイサービスでは深く「勉強」ができない。
  • 子供ひとりで通うのが難しく送迎してやることができない。
  • 対人関係が苦手で自宅で勉強をさせたい。
  • 紙の教材をさせても落ち着きがなく勉強にならない。

私も発達障害を知ろうと思い、このような資格なども勉強してきました。

小学生 タブレット 通信教育

発達障害コミュニケーション指導者というもので、小児科の医師が理事長を務める協会のもの。

私は専門職ではないので、初級までしか取得できません。

この資格を取得するにあたり発達障害支援の現場で起きている問題について勉強してきましたが、障害のある小学生とその家庭が抱える問題はかなり多い。

表面上は発達障害に対して理解を深めているように見えても、実際の現実はまだまだ理解されていない。

 

やっと受け入れてくれる塾が見つかっても「通う」「対人」がクリアできない家庭も多い。

このような経験から子供の勉強を考えると、やはり小学生タブレット通信教育との相性がいちばん。

たぶん抱えている問題の多くが解消される勉強方法ではないか?と思います。

 

小学生タブレット通信教育「発達障害」

小学生タブレット通信教育は不登校の子供にはおすすめ?

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育は不登校の子供にとって、ベストな勉強方法だと思っています。

通信教育は、立ち直るキッカケ作りから一回り大きな人間性作りまで出来る方法。

というのも不登校になってしまう理由というのが、ほとんど「人間関係」だからなんです。

 

文部科学省のデータから読み取れるのも、ザッと見ても不登校児の半分以上は人間関係が理由。

おもに学校と家庭によるものが原因になっているんですね。

これって勉強にはまったく関係のない理由で、あまりにも子供の時間がもったいないことでもあります。

勉強が嫌い!というのならまだわかりますが、まったく周りの影響で勉強ができない。

これでは子供がかわいそう過ぎますよね。

 

たぶん対人関係が苦手になっているので、まず学習塾に通うことはできないはず。

そんな不登校で悩んでいるときこそ、自宅で勉強のできる通信教育がおすすめなんです。

といっても大事なのは「外界と繋がるシャンル選び」なんですね。

自己完結型の通信教育ではなく、オンラインで実在の講師などと顔を合わせるもの。

これが立ち直るキッカケにもなる、外の空気も入ってくるなどによって、前向きに進んでいくことのできる勉強方法になるんです。

不登校で悩んでいるよりも、いちど小学生タブレット通信教育を考えてみるといいと思いますよ。

 

小学生タブレット通信教育「不登校」

小学生タブレット通信教育の特徴(特性)について

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育にはどんな特徴(特性)があるのかお伝えします。

まず興味を持ったときに誰もが「便利」と思われるはず。

それと裏腹に「本当に勉強になるんだろうか?」というのが正直なところではないでしょうか。

結論からいえば、小学生タブレット通信教育は「便利で勉強になる」を信じてください。

 

小学生タブレット通信教育の便利(メリット)には、つぎのようなものがあります。

メモ

  • 通塾する必要がないため時間効率が大幅にアップする。
  • 学習塾と同レベルかそれ以上の勉強ができる。
  • 映像授業によって「過去」のつまずきを解消しやすい。
  • ネット環境があれば勉強する場所を選ばない。
  • 基本的に学習塾よりもはるかに費用が安い。‥など

いちばんのメリットといえば、何といっても時間効率の良さ。

通塾する必要がないため、その時間を勉強に充てることができるんですね。

また「映像授業」のある教材であれば、過去の授業でつまずきを解消しやすい勉強方法になります。

 

つまずきを解消するためには、その単元の授業を見るのがいちばん。

当然のように過去の授業というのは学習塾で受けることができないんですね。

それを自由に見ることができるというのは大きなメリットになります。

つまりこの部分というのは、間違いなく学習塾よりも利点。

 

小学生タブレット通信教育の特徴(特性)を一言でいえばこうなります。

「時間効率の大幅なアップ」

「より子供に沿った勉強ができるツール」

この特徴(特性)をよく考えてみると、地味ながら成績アップに必要な基本なんですね。

時間を有意義に使えて、本当に意味で子供自身の弱点を克服できる。

これがもっとも大きな小学生タブレット通信教育の特徴(特性)ということができます。

 

小学生タブレット通信教育「特徴」

小学生タブレット通信教育の費用について

通信教育 費用

小学生タブレット通信教育の費用というのは学習塾よりもはるかに安いです。

なので便利そうだけど費用が掛かるのでは‥なんて思っているのであれば、ぜひ安心してください。

 

小学生タブレット通信教育には2つのスタイルがあります。

昔からある「紙教材」と、最近主流の「ネット教材」というスタイル。

どちらの費用も変わりませんので、ここは難しく考える必要はありません。

 

学習塾と比較してどれくらい費用が安いかと言えば、だいたい半額かそれ以下の費用。

いまの教材を見てみると月謝が1,000円台~8,000円台といった費用で収めることができます。

この教材による費用の違いは、イチガイに”高いから優れている”というものではありません。

システム的に成功だったりすることで費用に差が出ていますので、そこは問題外。

あくまでも「子供との相性」をしっかりと見極めていくことが大切。

 

ひとつ例に取ってみると、授業でも「実在の講師」「アニメーション」の2パターン。

こういうのも子どもがどっちが勉強しやすいか?という基準で考えるしかないんですね。

どっちもわかりやすい授業が展開されています。

私もどっちがいい!とはいえませんので、ここは無料体験などで探ってみること。

中には無料体験をやっていない教材もありますので、その辺も選択基準に置いておいた方がいいですね。

 

小学生タブレット通信教育「費用」

小学生タブレット通信教育のメリット

小学生 通信教育 メリット

小学生にはタブレット通信教育か?学習塾か?と悩む家庭が多いです。

どっちのほうがメリットがあるんだろう‥こんなふうに悩むのは当然のことですね。

最近では文部科学省のデータからもわかりように、学習塾よりも通信教育(通信添削)のほうが利用する家庭が増えているという実態があります。

やはりそれだけ通信教育にはメリットがあるということなんですね。

 

では具体的にどんなメリットがあるのか、3つについてお伝えします。

小学生タブレット通信教育3つのメリット

  1. 通塾の必要がない事で「時間効率」が大幅にアップする。
  2. テスト結果がその場でわかるので「勉強効率」が大幅にアップする。
  3. 過去の授業を見られることで「つまずき解消」へつながり成績アップが見込める。

つまり、学習塾ではいずれも”ムリ”な部分が通信教育のメリットというわけです。

しっかりと「普遍的」「本質の部分」におけるメリットなので、これ以上の勉強方法はないんですね。

ぜひこのメリットをうまく活用して、成績アップへとつなげてください。

 

小学生タブレット通信教育「費用」

小学生タブレット通信教育はこんな場合におすすめ

小学生 タブレット 通信教育

小学生タブレット通信教育を有意義な使い方をすることによって、目標とする学校への合格・学校の成績アップが大きく見込めるようになります。

とくに小学生タブレット通信教育は、このような家庭におすすめです。

こんな家庭におすすめ

  • 近くに学習塾が存在しない。(距離・偏差値)
  • 学習塾に通うことが困難。
  • 学習塾に通わせているけど成績が上がってこない。
  • 子供が学習塾を嫌がって通わない。(対人など)
  • 学習塾の費用が高すぎる。
  • テスト結果が分かるまでに時間がかかり対策が遅れる。
  • つねに「先取り」「後戻り」学習を行いながら勉強させたい。
  • 時間を有効に使って少しでも多くの勉強をさせたい。
  • ほかにも併用して習い事をさせたい。

小学生タブレット通信教育を利用する家庭は、このいずれかの悩みを抱えています。

もしこの中の1つでも当てはまるものがあれば、小学生タブレット通信教育を利用することによって悩みが解消される場合が多いようです。

こいった問題が解消されて、さらに学習塾の半分以下といった費用で利用できる。

小学生タブレット通信教育は、さまざまな面で効果的な学習ができる方法です。

 

小学生タブレット通信教育「おすすめ」

 

Google Adsence

更新日:

Google Adsence

Copyright© 小学生タブレット通信教育を元塾講師が詳しく探っていきます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.