すららキャンペーン

-お得な情報-
E-ラーニングシステム今月いっぱい(~3/31)通信教育すららがキャンペーン中です。
入会金10,800円➝0円なのでお得かと思います。

すららの詳しいレビュー

小学生の勉強

小学生の通信教育「チャレンジ」ってなに?という疑問を徹底的に解消!

更新日:

小学生の通信教育を探っていると「チャレンジ」という言葉を耳にします。

しかし一体この「チャレンジ」とは何なの?と思われる方も。

そこで小学生の通信教育「チャレンジ」について徹底的に探っていこうと思います。

ぜひ小学生の通信教育比較へお役立てください。

小学生の通信教育「チャレンジ」とは?

小学生の通信教育「チャレンジ」とは?

小学生の通信教育「チャレンジ」を調べてみると、どうもこれしかないんですね。

小学生の通信教育チャレンジ

私の詳しいレビュー記事

進研ゼミ小学生講座口コミレビュー

つまりベネッセ進研ゼミの小学生コースに「チャレンジ」という名称がついている。

ほかに通信教育を探ってみましたが、この進研ゼミ小学生講座に設けられている「チャレンジ」しかありませんので間違いないですね。

この進研ゼミ「チャレンジ」には2つのスタイルがあります。

  • 紙教材➝チャレンジ
  • タブレット教材➝チャレンジタッチ

このいずれかのスタイルを選んで勉強をしていく小学生の通信教育です。

 

もし中学生になると、この「チャレンジ」という名称ではなくなって、このようになります。

  • 紙教材➝オリジナルスタイル
  • タブレット教材➝ハイブリッドスタイル

したがって「チャレンジ」という名称は、進研ゼミ小学生講座のみに設けられた名称なんですね。

このあたりはごっちゃになりやすいですが、小学生は「チャレンジ」とお考え下さい。

 

小学生の通信教育「チャレンジ」ではどんな勉強ができる?

小学生の通信教育「チャレンジ」ではどんな勉強ができる?

ベネッセ進研ゼミ「チャレンジ」では、いったいどんな勉強ができるのか?

これはまず「紙教材(チャレンジ)」「タブレット教材(チャレンジタッチ)」で違います。

 

紙教材「チャレンジ」の場合

小学生の通信教育チャレンジ

昔から定番ともいえる紙を使った教材のため、小学生が違和感なく勉強ができるというメリットがあります。鉛筆で紙に文字を書くという当たり前の勉強方法になるのですが、まだまだ根強い人気があるものです。

紙教材を使って勉強をさせる家庭というのは「やはり紙じゃないと頭に入らない」というこだわりを持っていることが多く、とくに高めの偏差値を勉強させるときにはこの紙教材が優位になっている状況。

このあたりはそれぞれの家庭での考え方もあるようです。

タブレット教材「チャレンジタッチ」の場合

小学生の通信教育チャレンジタッチ

もう一方のチャレンジタッチは最近の主流といわれるタブレット教材で、紙教材との決定的な違いは「膨大な情報量」「スピード感」によって勉強ができるという点。紙教材が進化した形なので当然かもしれません。

インターネットを使って情報のやり取りが出来るため、進研ゼミで特徴ともいえる「赤ペン先生」も「赤ペンコーチ」に進化してスピーディな対応によって効率のいい勉強ができるようになっています。

また郵送の手間もかからないため、忙しい現代にピッタリな勉強方法なのかもしれません。

 

小学生の通信教育チャレンジのメリット

小学生の通信教育チャレンジのメリット

小学生の通信教育「進研ゼミのチャレンジ」では、こんなメリットがあります。

  • 小学生で習う5教科をすべて勉強できる。
  • 必要に応じて補助教材がついてくる。
  • タブレット教材(チャレンジタッチ)は返却か6ヶ月以上継続でタブレット代が無料になる。

などなど‥。

小学生に必要なものがすべて揃っていて、また子供や家庭にとって助かるシステムも用意されている教材。学習塾へ通うと「通塾」の時間ロスがありますが、自宅で受講できるので時間効率も大幅にアップするといったメリットのある勉強方法になります。

とくに紙教材(チャレンジ)よりもタブレット教材(チャレンジタッチ)のほうが勉強効率は良く、とにかく時間ロスをなくすためにはおすすめのスタイル。これ以上ない効率の良い勉強ができるスタイルがタブレット教材(チャレンジタッチ)です。

 

ベネッセ進研ゼミのチャレンジ・チャレンジタッチともに、メリットの多い勉強方法です。

どっちを選んでも十分な勉強ができますが、より時間効率を考えるとチャレンジタッチのほうが優位。子供との相性を見極めてピッタリのスタイルをお選びになるといいかと思います。

小学生 タブレット 通信教育

インターネットなどでよく耳にする「チャレンジ」は進研ゼミ小学生講座の名称。

私も詳しく探ってレビューしましたが、家庭学習にはおすすめです。

どっちのスタイルを選んでも、十分な勉強ができる通信教育になるはずです。

 人気記事 

小学生タブレット通信教育「低学年1~3年生向け」でおすすめな教材3選

小学生タブレット通信教育「高学年4~6年生向け」でおすすめな教材4選

トップ

おすすめ記事

小学生 通信教育 低学年 1

小学生の低学年におすすめのタブレット通信教育で、5教科が勉強できる教材を3選にしてお伝えします。 小学生の通信教育というのは4年生~というものが多いです。 また5教科に対応していない教材もよくあるんで ...

小学生 通信教育 高学年 2

小学生タブレット通信教育で「高学年向け」のおすすめ教材をピックアップします。 根拠もなく「おすすめ」と表現している情報も多いので注意して探るようにしてください。 ここでは「おすすめの定義」を次のように ...

小学生のオンライン英会話ランキング!成績アップにつながる根拠付き 3

小学生のオンライン英会話をランキングにしました。 このオンライン英会話ランキングでとくに力を入れたのが「本当に成績アップにつながるの?」という部分。 そのために、つぎの3つは徹底的に探っています。 時 ...

4

小学生のうちに英検3級をとっておきたい! でも英会話スクールに通うのも「費用が高い」「近くにない」という問題も出てきます。 そこで、タブレット通信教育で英検3級の”2次試験対策”までができる教材を3選 ...

小学生がプログラミングを無料体験できる3つのおすすめなスクール 5

小学生がプログラミングを無料体験できるスクールをお伝えします。 とくに初心者におすすめな「Scratch」などが無料体験できるので、これからプログラミング学習を始めようと考えている家庭にピッタリです。 ...

-小学生の勉強
-,

Copyright© 元塾講師TSUTOMUによる小学生の通信教育(タブレット学習)人気教材を比較 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.