英検Jr(ジュニア)口コミ

教材レビュー 英会話・英検

小学生タブレット通信教育「英検Jr(ジュニア)」公式教材の口コミレビュー

更新日:

小学生タブレット通信教育のひとつ「英検Jr(ジュニア)」公式教材の口コミを行っていきます。

公益財団法人”日本英語検定協会”が運営する、英語教育の第一歩に当たる資格です。

英検Jr(ジュニア)公式教材の口コミレビュー

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材を実際に体験して、感じたことを素直に口コミしていきます。

まずもって英検Jr(ジュニア)とはいったい何ぞや?ということ。

【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

ざっと説明すると、英検(級)に至るまでの資格。

英検Jr(ジュニア)口コミ

つまり「英検の級を受けさせるにはまだ早いな‥」というときに受ける資格です。

そうはいっても個人成績表や成績証明書などが発行され、きちんとした学力の証明になります。

 

まず英検Jr(ジュニア)を受験するためには、英検に会員登録しておく必要があります。

英検Jr(ジュニア)口コミ

会員登録は無料で、年会費などもかからないので安心してください。

会員登録はこちらからできます。

【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

会員登録を済ませると英検Jr(ジュニア)の受験が出来るようになります。

ここまでは一般の英検とまったく同じですね。

 

そして実際に英検Jr(ジュニア)を受験したいときは、この部分から手続きを行っていきます。

英検Jr(ジュニア)口コミ

さっきの英検Jr(ジュニア)HPの下のほうに表示されますので、ここから選んで受験申し込みをします。

英検Jr(ジュニア)の受験には「ペーパー版・オンライン版」があり好きなほうが選べます。

「ペーパー版」は指定会場へ行く必要がありますが「オンライン版」は自宅で受験が出来ます。

手っ取り早いのは「オンライン版」ですね。

 

しかし、

  • 実際にどんな問題が出るんだろう?
  • 出題の傾向や範囲などは?

といった心配が出てくると思いますが、ここで便利なのが今回お伝えする英検jrの公式教材です。

 

出題される内容が網羅されており、実際の試験に沿った勉強ができます。

つまり英検を勉強するときによく使う”スタディギア”の、英検Jr(ジュニア)版と思えばOK。

私も実際にやってみたので口コミしておくとこんな感じ。

英検Jr(ジュニア)口コミ

”ドリル””模擬テスト””英検Jrテスト”で構成されており、段階を経て受験本番へ進みます。

カリキュラムをクリアしないと先に進めないので、学力が伴わないと受験できません。

しかしきちんとクリアしていけば、確実に合格できる学力が備わっていくというものです。

 

たとえば”ドリル”の中身はこんな感じで、場面に応じたイラストで勉強ができます。

英検Jr(ジュニア)口コミ

この中から場面を選んで、基本的に単語を学べるようになっています。

実際に選んでみるとこんな感じ。

英検Jr(ジュニア)口コミ

「☝」マークが出ていますが、イラスト中の”物”などに近づけるとクリックできます。

するとこのように、その”物”について発音など詳しい説明が表示されます。

英検Jr(ジュニア)口コミ

英単語や日本語で表示されて単語学習になるとともに、読み上げによってリスニング学習もできる。

しかしこうしてイラストがあると、思った以上に理解につながりますね。

とくに単語については文字だけだとピンと来ませんが、イラストがあることで直感的に覚える。

やはりこれから英語を‥という子供にとって、こういったイラストというのはいいですね。

 

このようにカリキュラムをクリアしていって、つぎの”模擬テスト”に進んでいきます。

英検Jr(ジュニア)口コミ

この模擬テストは、クリアできていないカリキュラムは受けることができません。

赤枠で囲んだ「Go!」のところしか選べません。

したがって中途半端な学力では、つぎに進めないようになっています。

 

このように模擬テストもクリアしていくと、いよいよ英検Jr(ジュニア)受験のとき。

英検Jr(ジュニア)口コミ

私の口コミでは、ここまでしっかりとクリアしていれば合格できます。

ただしひとつ注意しておきたいのが「試験時間」ですね。

いままで制限時間が設けられたことのない子供であれば、ペースがわからないことがあります。

少しずつ時間の意識を持たせるようにしながら、毎日の勉強を進めていきたいですね。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材を口コミしてきましたが、一度まとめておくとこんな感じ。

メモ

  • 英検Jr(ジュニア)に会員登録する。
  • 独学または英検Jr(ジュニア)教材によって勉強を重ねる。
  • 英検Jr(ジュニア)受験本番を迎える。

ポイントとしては「どうやって勉強していくか?」になります。

私の口コミは、独学でもいいけど英検Jr(ジュニア)公式教材のほうがかなり効率的と思います。

勉強していてそのままの流れで本番を迎えることができるし、構成がわかりやすいから。

それに英検だけではなく、英語そのものの勉強としても役立ちますね。

 

ただしこのオンライン版用の教材も会員登録する必要があり、年会費もかかります。

あとのほうで年会費などについて詳しくお伝えしますが、どうせ英検Jr(ジュニア)に沿った教材を本屋さんなどで購入するはず。

それならそこまで高くない年会費なので、この英検Jr(ジュニア)公式教材がいいですね。

英検Jr(ジュニア)口コミ

【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

かなり理解しやすく作られているので、頭への入り方がまったく違うはずです。

もしこの教材でダメだったら、どんな教材でもきっとダメです。

それくらいよくできた構成だなとつくずく実感できるので、このあたりはさすが英検の教材ですね。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材オンライン版の費用

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材オンライン版の費用について少し触れておきます。

私もいいなと感じたオンライン版教材ですが、このような費用体系になっています。

英検Jr(ジュニア)口コミ

私がこの費用について口コミするのなら「書店で教材を購入するよりも費用対効果が大きい」ということ。

実際に体験してみた結果、オンラインということもあって勉強できる量がまったく違います。

子供の貴重な時間を考えたときに、効率のいい勉強になるのではと感じますね。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材の特徴について

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材の特徴についていくつかお話しします。

ここまで英検Jr(ジュニア)公式教材の口コミにも出てきたように、まずいちばんの特徴は「英語に慣れる」ことができるということ。

これは何よりも大きな特徴ですね。

英検Jr(ジュニア)を皮切りにすれば、基本に忠実な英語学習の道ができるはずです。

 

また、ここまでの英検Jr(ジュニア)公式教材の口コミでお伝えしていない特徴をお話しします。

英検Jr(ジュニア)公式教材の特徴①ブロンズ・シルバー・ゴールド

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材の特徴としてまず目につくのが「ランク」設定。

ブロンズ・シルバー・ゴールドといった3つのランクによって難易度が異なります。

つまり英検の”級”に当たる部分ですね。

 

このランクの違いでもっとも明確な特徴は、いずれも「英語初心者」のカテゴリー内ということ。

つまり理屈というよりも”感覚”で英語に親しんでいこう!といった内容になっています。

したがって単語1つ覚えるにしても、ズバリそのものの名前から少しひねった表現までいろいろ。

けれども初心者の範囲はきちんと守られている、というのが私が実感した口コミです。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材の特徴②ペーペー版とオンライン版

英検Jr(ジュニア)口コミ

先ほども少し触れましたが、英検Jr(ジュニア)公式教材は受験方法が選べるのが特徴。

友達と一緒に会場へ行ってもいいし、自宅で取り組むのもいい。

子供の性格や家庭の都合に合わせて受験できる、というのはかなり便利な特徴でいいですね。

これを英検Jr(ジュニア)公式教材では「ペーパー版」「オンライン版」と呼んでいるというわけです。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材の特徴③小学生に最適

英検Jr(ジュニア)口コミ

また英検Jr(ジュニア)は英語に抵抗のある小学生に最適、といった特徴があります。

どうしても「俺は日本語だけでいいんだ!」という子供もいますが、そんな小学生のモチベーションを高めてくれる”向上心”が養えます。

この”向上心”が養われるときに必要なのが、英検Jr(ジュニア)の「成績証明書」など。

たはりこういった”目に見えるもの”があるというのは、向上心につながる大きな特徴になってきます。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材のサンプル問題

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材のサンプル問題について少し紹介します。

いったいどんな問題が出るんだろう‥というときは、この英検Jr(ジュニア)公式教材のサンプル問題がおすすめです。

このサンプル問題だけでもけっこうな勉強ができるものです。

英検Jr(ジュニア)口コミ

文章を聞いて場面を選んだり、英検Jr(ジュニア)本番の問題からピックアップされます。

この英検Jr(ジュニア)公式教材サンプル問題でチェックしてみるとイメージしやすいですよ。

英検Jr(ジュニア)ページの、赤枠の部分からやってみることができます。

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材ページはこちら

【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

英検Jr(ジュニア)公式教材の効果について

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材の効果を探ってみると、大きく3つのポイントが見つかります。

  • 成績証明書などによってモチベーションアップにつながる勉強意欲の向上効果。
  • 見やすいイラストが多く使われていることによる理解促進効果。
  • 多くの発音によって同時に聞く力を養えるリスニング効果。

英検Jr(ジュニア)公式教材の口コミをご覧になって来られて、同じようにこの3つの効果を感じられてるかなと思います。

このように効果について文字で表現すると、どうしても難しく見えてしまいます。

この効果については”肌で感じるもの”といったほうが正解かもしれません。

私も英検などを受験してきましたが、あ!これは効果的!と感じる瞬間は「感覚」です。

受験経験などを重ねるほど、この”効果”について敏感に感じ取ることができるようですね。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材の評判について

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材の評判はいったいどんなものか?

ということで、実際に英検Jr(ジュニア)を受験した家庭の口コミを調べてみます。

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)口コミ

実際に受験する家庭の英検Jr(ジュニア)公式教材の口コミ評判はなかなかいいですね。

子供も大人と同じように、やはり「何か」がないと動かないものです。

それが楽しそうな雰囲気であったり成績証明書などであったり。

この「ご褒美」の部分をしっかりと活かすことで、子供はどんどん勉強しますよ。

いい意味でご褒美を考えてみると、それがまさに英検Jr(ジュニア)公式教材だったりしますね。

 

英検Jr(ジュニア)公式教材がおすすめな家庭は?

英検Jr(ジュニア)口コミ

英検Jr(ジュニア)公式教材について口コミしてきましたが、何となくでも内容が伝わったでしょうか?

そんな口コミから考えると、英検Jr(ジュニア)がおすすめなのはこんな家庭です。

こんな家庭

こんな家庭におすすめ

  • これから英語に親しませるための第一歩を探している。
  • 英検(級)は実力的にまだ早いと思っている。
  • 子供を英語に振り向かせるきっかけが見つからない。
  • 小学校でも英語が始まったので焦っている。
  • 英語の基盤になるものが見えてこない。

この中のひとつでも当てはまれば、英検Jr(ジュニア)公式教材はおすすめです。

きっとその悩みが解消されるキッカケになるはずです。

小学生 タブレット 通信教育

私も英検Jr(ジュニア)公式教材を口コミしてみて、こんなことが見えました。

「難しそうに感じる英語が、これならできるんじゃないか?と思える資格。」

とくに英語初心者の小学生には、きっと有意義な資格になるはず。

これを皮切りとして英検(級)にステップアップすれば、間違いなく自然な流れでいけます。

 

英語に興味をもたせるには、英検Jr(ジュニア)公式教材はおすすめ。

きっと正しい英語力が身に着きますよ。

英検Jr(ジュニア)口コミ

小学生 タブレット 通信教育

英検Jr(ジュニア)公式教材の詳細はこちら

【英検公式教材】英検が開発した子ども向けリスニング教材

 人気記事 

日本人講師のいる小学生向けオンライン英会話5選

小学生の英会話を無料レッスンでお試しできる3つの通信教育

【小学生の通信教育】比較おすすめランキング

まだキャッチコピーなどで判断しようとしていませんか?

自分のイメージ

キャッチコピーはあくまでも”宣伝文句”です。

勉強の「本質」というのは1つしかありません。

姿や形が変わったところで「成績アップに必要なこと」だけはずっと変わらず。

私も多くの通信教育を探って比較してきましたが、勉強の真理を追求すればおのずと「おすすめな姿」が見えてくるものです。

ここでは、小学生の通信教育を”真理”で比較したランキングをお伝えします。

【基本教科】通信教育すらら

勉強の”真理”を考えて、おのずと見えてくるのがこの教材です。

成績アップに必要な「授業・テスト・苦手分析」がしっかりと組み
込まれて、とにかく”確実に理解させる授業”はどんな子供でも勉強を好きになるはずです。私は一番におすすめの教材です。

通信教育すららは積み上げ学習の3教科のみですが、理科と社会は本屋さんで十分です。
それよりも、お手本のようなわかりやすい授業はこの通信教育すららだけです。

教科国・算・英・英検・数検
授業の質★★★★★成績アップ★★★★★つまずき解消★★★★★

【英会話】学研kimini英会話

小学生向けのオンライン英会話は数多くありますが学研kimini英会話ほど無料テキストが充実しているものはありません。

闇雲に話しましょうという教材はNG。しっかりとしたテキストに沿って進めないと話すことなんか出来やしません。

教科英会話
授業の質★★★★★成績アップ★★★★★つまずき解消★★★★★

【プログラミング】オンラインプログラミング「D-SCHOOL」

小学校でも必修化と噂になっていますが小学生向けのオンライン
プログラミングスクールならここが一番おすすめです。

とにかく初心者向きになっているのでプログラミングが初めての
小学生でもわかりやすく勉強ができます。

教科プログラミング
授業の質★★★★★成績アップ★★★★★つまずき解消★★★★★

おすすめ記事

小学生 通信教育 低学年 1

小学生の低学年におすすめのタブレット通信教育で、5教科が勉強できる教材を3選にしてお伝えします。 小学生の通信教育というのは4年生~というものが多いです。 また5教科に対応していない教材もよくあるんで ...

小学生 通信教育 高学年 2

小学生タブレット通信教育で「高学年向け」のおすすめ教材をピックアップします。 根拠もなく「おすすめ」と表現している情報も多いので注意して探るようにしてください。 ここでは「おすすめの定義」を次のように ...

小学生のオンライン英会話ランキング!成績アップにつながる根拠付き 3

小学生のオンライン英会話をランキングにしました。 このオンライン英会話ランキングでとくに力を入れたのが「本当に成績アップにつながるの?」という部分。 そのために、つぎの3つは徹底的に探っています。 時 ...

4

小学生のうちに英検3級をとっておきたい! でも英会話スクールに通うのも「費用が高い」「近くにない」という問題も出てきます。 そこで、タブレット通信教育で英検3級の”2次試験対策”までができる教材を3選 ...

小学生がプログラミングを無料体験できる3つのおすすめなスクール 5

小学生がプログラミングを無料体験できるスクールをお伝えします。 とくに初心者におすすめな「Scratch」などが無料体験できるので、これからプログラミング学習を始めようと考えている家庭にピッタリです。 ...

-教材レビュー, 英会話・英検
-, , ,

Copyright© 小学生の通信教育(タブレット学習)人気教材を比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.