発達障害で学力低いとき「学年を超越して学べる」おすすめ通信教育3選

投稿日:

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「発達障害で学力低いとき効果的な通信教育はどれ?」という疑問に答えます。

発達障害の症状として、とくによく見られるのが学力低下。

しかし学習教材を探そうと思っても現学年しか学べなかったりと、なかなか学力低い状況にぴったりな教材は見つからないもの。

そこで私が注目するのが「無学年方式のデジタル学習教材」というスタイル。

現学年はもちろん過去学年も自由に取り組めるため、発達障害で学力低い場合に最適な教材スタイルになります。

その中から特に優秀と感じる教材から、ベスト3選をピックアップします。

 

発達障害で学力低いときにおすすめ通信教育3選

発達障害で学力低いときにおすすめ通信教育3選

またのちほど詳しく解説しますが、私としては学力低下に合った条件であることが必須。

とくに以下の通信教育がおすすめと感じます。

  1. 総合的に優秀「デジタル学習教材すらら」
  2. 授業が短く飽きない「デジタル学習教材デキタス」
  3. ピンポイント指導「学研オンライン家庭教師」

これら私がおすすめ通信教育について、選んだ理由・条件の合致性とともに詳しく解説します。

発達障害で学力低いときに、最適といえる家庭学習ができるかと思います。

矢印

おすすめ①総合的に優秀「デジタル学習教材すらら」

おすすめ①総合的に優秀「デジタル学習教材すらら」

おすすめ理由 発達障害で学力低いときにぴったりの最適なコンテンツが揃っている。
無学年方式
小学生全域
解説クオリティ
スモールステップの映像授業
楽しさ
ビジュアル効果
定着要素
ドリル機能・テスト機能

発達障害で学力低いという場合に、もっとも適していると思うのがこの「すらら」です。

なぜなら発達障害支援の専門家によって作られた教材のため、本質部分において理解と定着へつながる工夫が極めて多いため。

とくにスモールステップで解説される映像授業が優秀で、学力低い場合でもわかりやすく学べるのが特徴です。

学力が低い場合でも理解しやすいということは、それだけ細かく少しずつ解説されるということ。授業解説と確認問題が交互に行われるスタイルで、気が付いたら理解できていたというベストともいえる映像授業となっています。

またプロ声優による講師解説が聞き取りやすく、これも理解へつなげやすいポイント。

すららのアニメーション映像授業

すららのアニメーション映像授業

ときには背中を押して励ましてくれるような声掛けがあったりと、リアルに講師がそばにいて教えてくれるような個人指導塾といった感覚で履修することが可能です。

さらにアニメーション映像授業のため、ただ解説するだけではなく「動き」によってより理解しやすいのもメリット。

学校のように黒板を使った授業であれば動きはありませんが、アニメーションのため図形が変化する様子が見られたりと、動くことによる感覚からの理解にもつなげやすいのがこの映像授業における特徴です。

アニメーション映像授業やキャラクター演出により「楽しさ」の点においても工夫が凝らされており、とくに発達障害で勉強をすぐに飽きてしまう場合には、集中力を維持するという部分でも大きなメリットになるかと。

さすが発達障害支援の専門家が作っただけのことはあるという感じで、しかも文部科学大臣賞を受賞していることで機能面も充実。

無学年方式により過去学年でも自由に学べるため、学力低い場合でもぴったりの履修ができる通信教育です。

私も実際に体験をしたうえで話してますが、たぶんこれ以上最適といえる通信教育はなかなか見つからないのではと思います。

TSUTOMU

☑ こちらで「すらら」を体験して詳しくレビューしています。

すららの口コミレビュー

小学生タブレット通信教育「すらら」の口コミレビュー
【元塾講師が探る】小学生タブレット通信教育「すらら」の口コミレビュー

小学生タブレット通信教育すららを口コミしていきます。 実際に体験したすらら口コミのほかにも特徴・効果・費用・使い方・発達障害の子供にどうなのか?などについて、できる限り詳しくお伝えします。 ぜひ小学生 ...

続きを見る

 

おすすめ②授業が短く飽きない「デジタル学習教材デキタス」

おすすめ②授業が短く飽きない「デジタル学習教材デキタス」

おすすめ理由 授業が短いため集中しやすく段階的なドリル問題が備わっている。
無学年方式
一部
解説クオリティ
5分程度で短い
楽しさ
ビジュアル効果
定着要素
段階的なドリル機能

発達障害で学力低いという場合の、原因と考えられる1つが「飽きやすい」という特性かと思います。

子供の性格というよりも発達障害の特性からくるもので、とくに興味をもてない事柄にはまったく集中できないという状況。

この状況を打破するには、飽きてしまう原因を解消することが最善の施策になります。

そこでデキタスの映像授業はすべて5分程度を短く編集してあり、とくにこうした飽きやすい発達障害の症状があれば適した長さかと。

またビジュアル面においてもキャラクター演出によって、楽しさをもって飽きさせないという工夫もあり。

発達障害の専門家による通信教育ではありませんが、こうした機能面などを総合的に考えるとデキタスもかなり有効性の高いデジタル学習教材であると私は感じます。

デキタスの学習画面

デキタスの学習画面

ただ1点だけ気になる部分は、そこまで深い勉強はできないというところ。

もし深く学ばせたいという場合はデキタスでは不足に感じると思いますが、まずは発達障害で学力低い悩みを改善するために、やや浅くても一通り学ばせたいということであれば必要十分なデジタル学習教材であると思います。

ほかにも家庭学習において必須となるコンテンツが揃っており、機能的にも不足はないかと。

段階的なドリル問題もあるので定着にもつなげやすく、先ほどのように深く勉強はできませんが、一連の家庭学習には取り組めるためおすすめレベルといえる通信教育です。

無学年方式については備わっていませんが、さかのぼり機能を使うことで繰り下げ学習が可能。

たとえば理解できない単元から「1つ前の関連する単元」へさかのぼることができ、学年を通り越してどこまでも繰り下げ学習ができるため一部無学年方式というスタイル。

また未理解単元から関連する前の単元へ、ボタン1つで繰り下げ学習ができるのである意味において使いやすいとも感じます。

発達障害で学力低い問題を解消するのに、このデキタスもおすすめといえる通信教育です。

TSUTOMU

☑ こちらで「デキタス」を体験して詳しくレビューしています。

デキタスの口コミレビュー

デキタス 口コミ
【元塾講師が探る】小学生の通信教育「デキタス」の口コミレビュー

小学生タブレット通信教育「デキタス」を口コミレビューしていきます。 詳しい内容を体験した上での口コミレビュー、ほかに比較・費用・レベルなどについて出来る限り詳しくお伝えしていければと思います。 ぜひ小 ...

続きを見る

 

おすすめ③ピンポイント指導「学研オンライン家庭教師」

おすすめ③ピンポイント指導「学研オンライン家庭教師」参考:学研オンライン家庭教師

おすすめ理由 自由に質問ができるため学力に沿った学習がしやすい。
無学年方式
至って自由
解説クオリティ
高スキルの講師陣
楽しさ
講師の指導力
定着要素
適切な問題提起

発達障害で学力低いという場合に、完全自由に学べるおすすめスタイルがこの「オンライン指導」です。

訪問型の家庭教師がそのままオンラインスタイルとなった通信教育で、講師と対面してマンツーマン指導が行われるというもの。

もちろん学年は関係なく、どんな勉強内容でも講師が1対1で教えてくれるため効果的です。

発達障害で通塾が困難なときに利用される場合が多いスタイルで、実際に利用されている家庭からの声を聴いても評判はきわめて上々。

学年の概念なく学力に沿ったマンツーマン指導となるため、とくに発達障害で学力低いときにはマッチング性の高い通信教育スタイルかと思います。

とくに学研のオンライン家庭教師は安定感バツグンで、発達障害にもしっかり対応可能。

なかでも発達障害で不登校という場合にもよく利用されることも多く、発達障害の特性からくる症状を把握して、子供に見合った対応をしてくれるためまず選んで損のない通信教育課と私は感じます。

学習内容が定まったデジタル学習教材もおすすめですが、こうした自由スタイルの通信教育も捨てがたいところ。

発達障害で学力低い問題において、かなり解消が期待できる通信教育です。

TSUTOMU

☑ こちらで「学研オンライン家庭教師」を詳しく口コミレビューしています。

オンライン家庭教師「学研」の口コミ

オンライン家庭教師「学研」の口コミ
【小学生】オンライン家庭教師「学研」の口コミ【元塾講師の鬼チェック】

オンライン家庭教師「学研」の口コミは、こんな家庭へ参考になると思います。 いろいろ比較するためオンライン家庭教師「学研」の口コミをチェックしたい。 オンライン家庭教師「学研」について専門的な口コミを聞 ...

続きを見る

 

発達障害で学力低いときにおすすめ通信教育比較

ここまでに3つの通信教育を解説してきましたが比較表にてまとめます。

それぞれの教材名をクリックすることで先ほどの詳しい解説項目へジャンプします。

教材名 無学年方式 楽しさ 解説クオリティ 定着要素
デジタル学習教材
すらら

小学生全域

ビジュアル効果

スモールステップ

ドリル・テスト
おすすめ理由 発達障害で学力低いときにぴったりの最適なコンテンツが揃っている。
デジタル学習教材
デキタス

一部

ビジュアル効果

5分程度で短い

段階的ドリル機能
おすすめ理由 授業が短いため集中しやすく段階的なドリル問題が備わっている。
学研
オンライン家庭教師

至って自由

講師の指導力

高スキルの講師陣

適切な問題提起
おすすめ理由 自由に質問ができるため学力に沿った学習がしやすい。

 

発達障害で学力低いときに通信教育を選ぶ5つのポイント

発達障害で学力低いときに通信教育を選ぶ5つのポイント

私としては、つぎの5つがとくに重要なポイントに感じます。

  1. 対応偏差値が高すぎない
  2. 無学年方式で学年関係なく学べる
  3. 楽しさを感じやすい
  4. わかりやすい解説が備わっている
  5. 多くの問題によって定着を図れる

すべての要素が備わっていれば、まさに完璧といえる通信教育となるかと。

私が選んだおすすめ通信教育3選はこれらの要素が含まれていますが、もし自分で選ぶときはぜひ注意してみてください。

さらに詳しく、これら5つのポイントについて解説します。

ポイント①対応偏差値が高すぎない

ポイント①対応偏差値が高すぎない

発達障害で学力低いときの通信教育選びで、まず重要といえるのが「対応偏差値」です。

ひとくちに通信教育といっても対応偏差値が異なり、たとえばZ会の通信教育のように高偏差値への対応型もあれば、私がおすすめしたデジタル学習教材すららのように低偏差値から高偏差値まで一通り対応できる通信教育までさまざま。

あまり高偏差値に対応している通信教育を選んでしまうと、学力低下に見合わない内容となってしまうため選ぶときには注意が必要です。

もし今後「難関私立中学への受験を考える」といった目標があれば高偏差値対応の通信教育を選んでも構いませんが、まずは学力低下による過去の一般教養を身につけさせるにはそぐわない選び方。

したがって発達障害で学力低い問題の改善には、あまり高い偏差値へ対応している通信教育を選ばないのが無難かと私は思います。

ポイント②無学年方式で学年関係なく学べる

ポイント②無学年方式で学年関係なく学べる

発達障害で学力低いという場合は、かなり重要となる選び方のポイントが「無学年方式」であること。

この無学年方式というのは現学年だけではなく、過去の学年も自由に学べるというもの。

こうした家庭学習教材を探していて「現学年しか学べないため利用できない」と感じたことがあるかと思いますが、この無学年方式が採用されていれば完全にその問題は解消されるためおすすめです。

ただし無学年方式が採用されている通信教育は、極めて数が少ないというのが現実。

とくに紙学習教材はその特性から無学年で学ぶことはムリで、選ぶとすればインターネット特性を活かせる「デジタル学習教材」のみ。さらに無学年方式が採用されていることを確認して選ぶことで最適な家庭学習を講じることができます。

私はこの無学年方式というのは、発達障害で学力低い問題を解消するため第一に着目すべきポイントかと。

まず過去の学年を履修できなければ学力に見合った勉強ができないので、発達障害で学力低い問題を解消するためには、まずはこの無学年方式が採用されていることを確認すべきと強く感じます。

ポイント③楽しさを感じやすい

ポイント③楽しさを感じやすい

先ほども少し話しましたが、発達障害で学力低い原因のひとつに「飽きやすさ」があるかと思います。

発達障害すべてにおける特性ともいえる症状で、ADHD・ASD・LDいずれの発達障害にも共通する特性のひとつ。

この問題を解消するには、通信教育に「楽しさ」が備わっていることが求められます。

たとえばビジュアル面においてキャラクター演出があるなど、楽しさがあることで飽きやすさの解消につなげやすくするという施策。

またアニメーション映像授業などできる限り楽しいと感じる要素が多く備わっていることで、文字ばかりが多い勉強方法よりも、はるかに継続性アップへつなげやすいというメリットが期待できます。

もし今の勉強方法で飽きてしまうのであれば、もしかするとこの「楽しさ」が少ないのではないでしょうか。

発達障害で学力低い問題を解消するために、この楽しさの要素についても徹底的に着目して選ぶことをおすすめします。

ポイント④わかりやすい解説が備わっている

ポイント④わかりやすい解説が備わっている

発達障害で学力低いという場合は、もしかすると「理解しきれていない」という状況だったことも考えられます。

とくに親が勉強を教えている場合によく起こりがちで、相手が発達障害のためどう教えていいかわからず、ポイントを抑えきれていないという状態。

この状態が続くことで学力低下につながる場合もあるので、いま一度「わかりやすい解説」について再考し、この要素が備わっている通信教育を選ぶことが解消を期待できるポイントになります。

ここでいう「わかりやすい解説」というのは、ゆっくりと少しずつ理解できるような教え方。

発達障害があると一度も解説しても理解しきれず、1つずつ確実に理解していくといった吸収の仕方をするので、単元をさらに細分化して説明されるといった通信教育を選ぶことがおすすめ。

デジタル学習教材においては映像授業が備わっているため、全体的に解説がわかりやすいのが特徴。

さらに発達障害向けの通信教育においては、より細かく砕いた解説があることでわかりやすく、理解しやすい解説であるともいえます。

私がおすすめなのは、発達障害関連の専門家が絡んでいる通信教育。

こうした通信教育は映像授業だけではなく全ての構成要素において、発達障害の特性をしっかりと理解したうえで対応しようとするため、かなりわかりやすい解説で理解へつなげやすくなるかと私は思います。

発達障害で学力低い問題の解消には、この「わかりやすい解説」も通信教育選びで重要といえるポイントになります。

ポイント⑤多くの問題によって定着を図れる

ポイント⑤多くの問題によって定着を図れる

発達障害で学力低い場合は、理解できていないほかに「定着しきれていない」という原因も考えられます。

この定着というのは問題を解いてより理解へつなげるという施策で、家庭学習において理解とともに重要となるもう1つの学習要素。

したがって通信教育選びにおいて、この定着要素についてもしっかりとチェックすることが重要です。

定着要素のチェック方法としては「演習問題の数」を探れば見えてきます。

演習問題はさまざまな形で搭載されており、ドリル問題・テスト問題・確認問題など、通信教育によって呼び方は異なるもの。

したがって「問題提起」されている機能は、すべて演習問題と認識しておけば大丈夫です。

タブレット学習教材の場合はモニター画面内に書き込んで解答する場合も良くありますが、基本的にすべてダウンロード&プリントアウトできるので、発達障害の場合はそのほうが解答しやすいかもしれません。

最後やや話がそれましたが、発達障害で学力低い場合は、この「定着」においても意識して通信教育を選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

TSUTOMU

今回は「発達障害で学力低いとき効果的な通信教育はどれ?」という疑問に対して、

発達障害で学力低いときにおすすめ通信教育3選

発達障害で学力低いときに通信教育を選ぶ5つのポイント

という形で、私なりに精一杯答えてきました。

極めて拙文で読みづらかったとは思いますが、少しでもお役立ていただければ幸いです。

発達障害で学力低いという場合は、勉強以前の問題として「飽きない工夫」があること。さらに原因と考えられる「理解へつながる説明」「豊富な問題による定着」の解消が必要であると私は感じます。

そこで通信教育を選ぶにあたって、とくに重要となるポイントが「無学年方式」「楽しさ(継続性)」「説明クオリティ」「定着要素」かなと。

ここをしっかりと抑えることで学力に沿った家庭学習の実現、および継続率アップによる学力向上へつながるかと思います。

発達障害で学力低い問題解消方法として、ぜひ有意義な通信教育を選んで学力アップを図ってみてください。

 

TSUTOMU

自粛生活にぴったりの通信教育ですが、より安全安心に利用できる方法をご存知ですか?専用タブレットではなく「自宅のタブレット」などにこだわるのもおすすめの手段です。

詳しくは:自粛生活で学習塾へ通えないときに安全な「自宅端末」を使う通信教育3選

自粛生活で学習塾へ通えないときに安全な「自宅端末」を使う通信教育3選

今回「自宅端末」を使う通信教育をおすすめする理由は非接触によりウィルスを外部から全く家庭に入れないためです。 自粛生活に通信教育をお考えでしたら、より安全安心な環境で自宅学習を実践できる勉強方法になる ...

続きを見る




おすすめ記事

小学生 通信教育 低学年 1

小学生の低学年におすすめのタブレット通信教育で、5教科が勉強できる教材を3選にしてお伝えします。 小学生の通信教育というのは4年生~というものが多いです。 また5教科に対応していない教材もよくあるんで ...

小学生 通信教育 高学年 2

小学生タブレット通信教育で「高学年向け」のおすすめ教材をピックアップします。 よくランキングで表示してあるサイトなどもありますが「おすすめの定義がどこにあるのか?」をチェックすることが重要。 根拠もな ...

小学生のオンライン英会話ランキング!成績アップにつながる根拠付き 3

小学生のオンライン英会話をランキングにしました。 このオンライン英会話ランキングでとくに力を入れたのが「本当に成績アップにつながるの?」という部分。 そのために、つぎの3つは徹底的に探っています。 時 ...

4

小学生のうちに英検3級をとっておきたい! でも英会話スクールに通うのも「費用が高い」「近くにない」という問題も出てきます。 そこで、タブレット通信教育で英検3級の”2次試験対策”までができる教材を3選 ...

小学生がプログラミングを無料体験できる3つのおすすめなスクール 5

小学生がプログラミングを無料体験できるスクールをお伝えします。 とくに初心者におすすめな「Scratch」などが無料体験できるので、これからプログラミング学習を始めようと考えている家庭にピッタリです。 ...

6

オンライン英会話といえば通信教育の中でもとくにメジャーなジャンルで、それだけに良否の差というのはとても大きな開きがあるものです。 したがって選び方によっては高い学習効果を得られずお金だけ損をするという ...

オンライン家庭教師「小学生」おすすめランキング 7

これまで私なりに小学生の通信教育全般を広く探り、本質的に「おすすめ」といえる優秀な教材をご紹介してきました。 おもに5教科をはじめ、小学校でも完全に必須となった英会話・英検、さらに新たな教科プログラミ ...

-通信教育の基礎知識
-,

Copyright© 元塾講師TSUTOMUによる小学生の通信教育情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.