小学生は勉強させすぎ注意!より集中力アップが期待できる3つのコツ

更新日:

TSUTOMU

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。

今回は「小学生の勉強をより集中力アップさせる方法が知りたい」という疑問に答えます。

毎日の基本的な家庭学習はもとより、とくに中学受験をめざす場合など、もっと集中力をもって勉強してくれたら‥と思う場面が感じられると思います。

その原因は子供のやる気問題ではないかもしれず、もしかすると勉強への取り組み方に原因があるのかもしれません。

そこで再度勉強を見直すよい機会として、ここでは「小学生が勉強に集中力アップするコツ」ということで、家庭学習で取り組むべきスタイルについて元塾講師の経験をもとに詳しく解説していきます。

 

小学生の勉強において集中力アップが期待できる3つのコツ

小学生の勉強において集中力アップが期待できる3つのコツ

私的には、つぎの3つが「勉強の集中力アップ」を期待できる超重要ポイントと思っています。

  • 勉強スケジュールを最適化する
  • あらかじめ1日の学習範囲を定めておく
  • 疑問箇所における解明手段を確立しておく

この3つのポイントをさえるだけで、かなり集中力アップへつなげることが期待できます。

これが全てではありませんが、この3項目を小学生の勉強におけるベースとして実践することにより、家庭学習の総合的な集中力アップにつながると私は強く感じます。

さらに詳しく、これら3項目について解説します。

 

勉強スケジュールを最適化する

勉強スケジュールを最適化する

小学生の勉強をより集中力アップさせるには、まずもって「全体像」をしっかり決めなければいけません。

そこで、私がおすすめする勉強スケジュールは次の通り。

曜日 月~金
勉強内容 復習、現時点の理解
(中学受験志望は予習も)
まとめ学習 休日

小学生低学年~高学年まで、一律にこのような勉強スケジュールを実践。

毎日の勉強ペース確立へつながり、ルーティンワーク化できるためより集中力アップが期待できます。

月~金曜日は完全に勉強集中型で過ごし、土曜日はまとめ学習のみ。

土曜日のまとめ学習というのは1週間のまとめをはじめ、1か月、3か月、6か月、1年間といったように、期間で区切って取り組むとより頭の中でスケジューリングしやすく、結果的に集中力アップへつながりやすくなります。

基本的に私の考える勉強スケジュールは「復習」が中心で、予習はそこまで大きな問題とは思っていません。

ただし中学受験をめざす場合はこの限りではなく、受験本番では小学生より先の知識も必要となるため、予習についても組み込んで実践するのがおすすめです。

1つだけ着目してほしいのが「日曜日は完全な休日として設定する」という部分。

平日にしっかりと勉強へ集中するためにも、完全なオフ日があることでより集中力アップへつながりやすくなると私は感じます。

また勉強を頑張った分だけ遊ばせる「切り替え」は集中力アップだけでなく、将来的にも中学・高校・大学・社会人と進んだときにも極めて役立つ知識として活用できるものです。

小学生の勉強を集中力アップさせるために、まずは「スケジューリング」を組み立てておくことがおすすめです。

 

あらかじめ1日の学習範囲を定めておく

あらかじめ1日の学習範囲を定めておく

小学生の勉強を集中力アップさせるために、やるべき勉強内容を決めておくこともモチベーションアップにつながりやすくなります。

勉強スケジュールを設定するとき同時に考えておくとより効果的ですが、もし長期スパンで考えるのが難しければ「1週間ごと」など短期スパンで区切って勉強内容を定めておくことがおすすめです。

取り組むべき勉強内容があらかじめ決まっていれば学習範囲を考える時間を省けたりと、より頭の中が整理できることによって集中力アップへつながりやすくなります。その日に取り組む勉強内容のことだけを考えれば済むためです。

家庭学習が続かなくなってしまう原因として、極めて大きいといえるのがこの部分。

毎日の学習範囲・内容が決まっていないことで勉強内容を考えること自体が面倒になり、少しずつ集中力が下がって結果的に家庭学習が続かなくなってしまうといった悪循環も十分に考えられます。

したがってこの「毎日の学習内容をあらかじめ定める」というポイントは集中力アップに欠かせない大きなポイントになるため、できれば勉強スケジュールを構築するタイミングで一緒に考えておくことが大切です。

もちろん細かすぎる部分まで考える必要はなく、だいたいの学習範囲を決めておけばOK。

たとえば分野で区切る、単元で区切るなど、年間で取り組む学習内容・スピードに合わせ遅れをとらない範囲で定めておくことがおすすめです。

 

疑問箇所における解明手段を確立しておく

疑問箇所における解明手段を確立しておく

小学生が勉強で集中力ダウンする、これまた大きな原因に「疑問解消できない」といった問題もあります。

たとえば家庭学習を親が教えている場合などは、仕事が忙しく時間の余裕がない、勉強を見るタイミングがない、といった理由によりこのような問題が起こりやすいもの。

勉強の疑問解消ができないことで、集中力ダウン、ストレス、勉強からの逸脱などといった悪循環も十分に考えられます。

また疑問解消ができず未理解部分が蓄積することによって、いわゆる「つまずき」が溜まっていき、とくに国算英といった積み上げ学習については理解が追い付かない状況を招く恐れもあります。

したがってこの問題も即解消しておく必要があり、小学生が勉強において集中力を高めるため必須といえるポイントになります。

疑問解消を行うためには、まず家庭学習を親が教えている場合であれば確実に教える時間をとること。

子供の立場からすると問題が解けず理解しきれない状況に陥ったとき、すぐに質問をして疑問解消できることが集中力アップだけではなく、勉強に対する安心感にもつながるものです。

もし仕事が忙しいなどの理由で親が教えるのが難しいといった場合は、物理的にムリな状況なので学校外学習(塾・家庭教師・通信教育)を利用するなどの対策がおすすめかと私は思います。

この「勉強の疑問点を解消できない」という部分は、子供にとって極めて重大な問題として捉えることが大切。

疑問点(未理解部分)が積み重なるほど状況は悪化していく一方なので、一刻も早くなんらかの対策をとって改善することをおすすめします。

小学生の勉強において、集中力アップを左右する極めて大きな問題です。

 

小学生を勉強においてより集中力アップさせる効果的な方法

小学生を勉強においてより集中力アップさせる効果的な方法

ここまでに解説した「3つのコツ」によって、小学生の勉強における集中力アップが大きく期待できます。

すべての対策を実践することが最適な方法ですが、実際には親の都合などもあって実行しきれないといった場合もあると思います。

そうした場合に、私がおすすめと感じるのが「通信教育」という学習スタイル。

学習塾や家庭教師なども集中力アップという意味においては期待できますが、費用も高くなかなか家計が苦しくて難しいことも多いと思います。

そこで私がおすすめする通信教育は、経済的にも半額またはそれ以下で収まり、極めてコスパに優れるのもメリット。

小学生の勉強において必要なコンテンツが揃っているので親の代わりとなって集中力アップへつなげてくれる、また最終的な理解へ達しやすい解説もあるため効果的な勉強方法になることと思われます。

私がすすめる「通信教育」にもし興味があれば、とくに優秀な3つを挙げるので参考にしてみてください。

 

集中力アップが期待できる通信教育①「すらら」

集中力アップが期待できる通信教育①「すらら」

おすすめ理由 お役立ちコンテンツ満載で集中力アップが期待でき、しっかりと親の代わりとなって助けてくれる要素が強い。とくにAIシステムによるサポート力あり。
スケジュールの
最適化
学習管理画面で
詳細設定可能
学習範囲 AIサポート 疑問解消 映像授業
AIシステム

TSUTOMU

小学生の集中力アップにつながりやすい、お役立ちコンテンツ満載のデジタル教材です。

家庭学習における集中力アップ施策について、総合的にAIシステムが代わりとなってやってくれるため時間効率アップも期待できるのが特徴。

とくにアニメーション映像授業などはスモールステップで進むため、疑問解消に最適ともいえる解説です。

実際に私の体験談からいえば、とにかくアニメーション授業の説明がわかりやすい。1つの単元を細分化して少しずつ進み、さらに確認問題と絡めながら進むため「気が付いたら理解できていた」という感じの映像授業になってます。

すららのアニメーション映像授業

すららのアニメーション映像授業

また映像授業で疑問解消がもしできなければ、定着をはかるためのドリル機能を解いてみるのがおすすめ。間違った問題にたいして「つまずき原因となる単元」「やや易しく変化させて再出題される」など、疑問解消が期待できる機能により子供1人でも十分に問題解決しやすくなっています。

無学年方式のため小学生範囲を自由に学べ、また中学生範囲を先取り学習できるので中学受験対策にもおすすめ。

文部科学大臣賞を受賞したという過去もあるので内容的にも極めて高クオリティで、とくに小学生の集中力アップという点においては必要なコンテンツが揃っているためかなr効果的な通信教育になるかと思います。

すららすららの「無料学習体験」がこちらで出来ます。

https://surala.jp/

 

※レビュー:すららを体験した口コミレビュー

 

集中力アップが期待できる通信教育②「東進オンライン学校」

おすすめ理由 四谷大塚の指導スタンスにより楽しく理解しやすく教えてくれる。とくに中学受験の基礎対策にむけて集中力アップが期待できる。
スケジュールの
最適化
学習カレンダーにより
設定可能
学習範囲 AIサポート 疑問解消 映像授業
AIシステム

TSUTOMU

東進オンライン学校のもっともメリットといえるのが、四谷大塚とのコラボによる映像授業で集中力アップが期待できる部分です。

通信教育のなかでも四谷大塚が直接的に関わっている教材は見られず、きっと唯一といえる存在。したがって映像授業をはじめ全体的にみても、かなり高品質な内容で構成されているデジタル教材です。

とくに四谷大塚のテイストが盛り込まれた映像授業は、楽しさを中心にわかりやすく「考え方」を教えるような解説。ただ単に解き方を解説するだけの授業ではなく、応用力を得られやすい授業スタイルなのも特徴的です。

また効率化の部分においても、AIシステム搭載により簡単操作で疑問解消などが期待できる構成。小学生が学習現場で悩みがちな問題をAIシステムが解消してくれるので、かなり効率的な家庭学習につながりやすい通信教育になります。

四谷大塚といえば中学受験ですが、まさに基礎学習として最適な内容。

中学受験をめざす小学生をはじめ、一般的な家庭学習としても集中力アップにつなげやすい通信教育と私は感じています。

東進オンライン学校☑ 東進オンライン学校の「14日間お試し入会」がこちらで出来ます。

東進オンライン学校 小学部

 

※レビュー:東進オンライン学校「小学部」口コミ体験レビュー

 

集中力アップが期待できる通信教育③「進研ゼミ」

おすすめ理由 漢字の「とめ」「はらい」なども専用タブレットで細かく学べる。基礎理解から定着まで一連の流れで取り組め集中力アップが期待できる。
スケジュールの
最適化
AIシステムによる
自動設定
学習範囲 AIサポート 疑問解消 双方向ライブ授業
解き直しシステム

TSUTOMU

進研ゼミでも「チャレンジタッチ(デジタル教材)」が優秀で、紙教材もついてくるため集中力アップにつなげやすい通信教育です。

小学生低学年でとくに勉強させておきたい漢字の「トメ」「ハネ」なども専用タブレットで細かく学べ、双方向のライブ授業で基礎的な学習もしっかりと取り組めます。

この双方向ライブ授業では質問コーナーも設けられており、かなり疑問に解消として有効なスタイル。一般的なライブ授業というのは質問できず一方通行が多いなかで、進研ゼミはしっかりと学習現場の悩み対策が考えられていると私は強く感じます。

基本的にAIシステム搭載によって自動化が進んだデジタル教材で、1日の学習内容などもAIシステムにより自動表示。集中力アップにつながる学習スケジュールも自動化されているため、極めて便利なのはもとより時間短縮にも効果的なのが特徴です。

タブレット学習教材のなかで、もっとも機能豊富といっても言い過ぎではない通信教育。

難しい文章問題だけではなくキャラクターが登場することで楽しさもあり、質問のできるライブ授業で疑問解消ができたり、専用タブレットで細かなニュアンスまで学べたりと、至れり尽くせりといった印象の通信教育になります。

進研ゼミ☑ 進研ゼミの「チャレンジタッチ」をWeb体験できます。

【進研ゼミ小学講座】

 

※レビュー:進研ゼミを体験した口コミレビュー

 

まとめ

今回は「小学生の勉強をより集中力アップさせる方法が知りたい」という疑問に対して、私が考える3つのコツをはじめ、より効果アップが期待できるおすすめ方法(通信教育)という形で提案してきました。

小学生の勉強における集中力アップを考えるとき、とくに重要といえるのが「勉強させすぎに注意」という部分です。

中学受験をめざす場合などなより注意が必要で、たくさん勉強に取り組ませればOKというものでもありません。あくまでも勉強と休暇のバランスが重要で、さらにメリハリを持たせることがより集中力アップが期待でき、結果的に学習効果・意欲向上・成績アップにつながると私は思っています。

まずはこのバランスという点に着目をしたうえで、私がおすすめする3つのコツを実践されてみてください。

もし親のほうが仕事で忙しく勉強を見てやれないといった場合は、通信教育に頼るというスタイルも極めて有効な家庭学習につながります。

小学生の勉強において、より集中力を養いたいというときこ今回の内容をぜひ参考までにどうぞ。

 

TSUTOMU

自粛生活にぴったりの通信教育ですが、より安全安心に利用できる方法をご存知ですか?専用タブレットではなく「自宅のタブレット」などにこだわるのもおすすめの手段です。

詳しくは:自粛生活で学習塾へ通えないときに安全な「自宅端末」を使う通信教育3選

自粛生活で学習塾へ通えないときに安全な「自宅端末」を使う通信教育3選

今回「自宅端末」を使う通信教育をおすすめする理由は非接触によりウィルスを外部から全く家庭に入れないためです。 自粛生活に通信教育をお考えでしたら、より安全安心な環境で自宅学習を実践できる勉強方法になる ...

続きを見る




おすすめ記事

小学生 通信教育 低学年 1

小学生の低学年におすすめのタブレット通信教育で、5教科が勉強できる教材を3選にしてお伝えします。 小学生の通信教育というのは4年生~というものが多いです。 また5教科に対応していない教材もよくあるんで ...

小学生 通信教育 高学年 2

小学生タブレット通信教育で「高学年向け」のおすすめ教材をピックアップします。 よくランキングで表示してあるサイトなどもありますが「おすすめの定義がどこにあるのか?」をチェックすることが重要。 根拠もな ...

小学生のオンライン英会話ランキング!成績アップにつながる根拠付き 3

小学生のオンライン英会話をランキングにしました。 このオンライン英会話ランキングでとくに力を入れたのが「本当に成績アップにつながるの?」という部分。 そのために、つぎの3つは徹底的に探っています。 時 ...

4

小学生のうちに英検3級をとっておきたい! でも英会話スクールに通うのも「費用が高い」「近くにない」という問題も出てきます。 そこで、タブレット通信教育で英検3級の”2次試験対策”までができる教材を3選 ...

小学生がプログラミングを無料体験できる3つのおすすめなスクール 5

小学生がプログラミングを無料体験できるスクールをお伝えします。 とくに初心者におすすめな「Scratch」などが無料体験できるので、これからプログラミング学習を始めようと考えている家庭にピッタリです。 ...

6

オンライン英会話といえば通信教育の中でもとくにメジャーなジャンルで、それだけに良否の差というのはとても大きな開きがあるものです。 したがって選び方によっては高い学習効果を得られずお金だけ損をするという ...

オンライン家庭教師「小学生」おすすめランキング 7

これまで私なりに小学生の通信教育全般を広く探り、本質的に「おすすめ」といえる優秀な教材をご紹介してきました。 おもに5教科をはじめ、小学校でも完全に必須となった英会話・英検、さらに新たな教科プログラミ ...

-小学生の勉強
-,

Copyright© 元塾講師TSUTOMUによる小学生の通信教育情報 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.