【小学生向け】オンライン家庭教師の選び方5つの危険ポイントと対策

更新日:

元塾講師をしていたTSUTOMUです。今回は契約後に後悔しないオンライン家庭教師選び方について徹底解説します。

オンライン家庭教師というのは選び方によって差が激しく、学習効果や家計面で雲泥の違いが生じるジャンルです。

だってキャッチコピーを見ると、いかにも危険な香りがしますよね?

私も塾講師時代に「選び方によっては危険なジャンル」という認識をもっていたのが正直なところで、どうやって危険を回避して健全なオンライン家庭教師を選べばいいのかずっと考えていました。

小学生の通信教育をいろいろと探ってきましたが、その中にもオンライン家庭教師が含まれます。

オンライン家庭教師を10社以上探ってきた知識を活かして、危険を回避し極めて安全性の高い会社選びができるよう「最低でもチェックしたい5つのポイント」をまとめました。

 

情報共有が容易な「機材」であること

情報共有が容易な「機材」であること

オンライン家庭教師でもっとも重要といえるのがこの「機材」で、スムーズな情報共有ができるほど高い学習効果へつながります。

オンライン家庭教師の機材には2つのパターンがあります。

  • 旧式‥2つのカメラ(顔用、手元用)を使い情報共有を行うスタイル。
  • 最新式‥1つのカメラ(顔用)を使い情報共有を行うスタイル。

よりスムーズな情報共有ができるのは、文字通り「最新式」です。

この2パターンは書き込む内容が物理的またはデジタル的の違いで、旧式であれば手元を映す、最新式であれば共有システムにより画面表示されるノートへ書き込むというもの。

 

つまりパソコンなど端末画面に映し出される映像はこうなります。

  • 旧式‥4つ(顔×2、手元×2)
  • 最新式‥2つ(顔のみ)+共有ノート

旧式ではお互いの手元を同時に映し出すという使い方よりも、どちらか一方の手元を大きく拡大して表示させるという使い方が一般的です。

いってみれば、旧式は「一方的な情報」を発信するスタイルといえます。

 

したがって旧式スタイルでは1つのノートに、双方向から書き込むという形で指導を受けることは不可能。

それに比べ最新式では、画面表示される共有ノートに双方向から書き込めるスタイル。

子供が書いた内容に対して講師が「その上」から赤色などで手直しができる、といういたってスムーズな情報共有ができるのが大きな特徴です。

したがってオンライン家庭教師を選ぶときにはスムーズな情報共有をおこなえるよう、なるべく「最新式」の機材が使用されているほうを選ぶことが推奨されます。

 

高額販売ではなく自由に選べる「教材」であること

高額販売ではなく自由に選べる「教材」であること

もっともトラブルが多い傾向にあるのがオンライン家庭教師の「教材」で、極めて入念にチェックしておくことが失敗しない選び方として求められます。

「オンライン家庭教師で高額教材を購入させられた‥」

こんなトラブルをよく耳にすると思いますが、この教材による失敗を防ぐための対策が必要です。

オンライン家庭教師の教材についてはこの2パターンがあります。

  • 自由な教材スタイル‥自宅にあるテキストなど自由になんでも使って指導が受けられる。
  • 販売による教材スタイル‥販売されている教材を購入して指導を受ける。

オンライン家庭教師によってこの2パターンの組み合わせが異なり、さらに「自由のみ」「自由+販売」「販売のみ」という部分をチェックする必要があります。

ここで注意すべきが「販売のみ」という教材形式の場合。

教材が「販売のみ」というオンライン家庭教師であれば、そのほとんどは高額な金額が設定されていると考えていいほど。

もちろん正当な会社もありますが、内容がスカスカなのに値段が高いという悪質な会社がとても多い。

 

この高額な教材販売のみという形式をとっている悪質な会社は、私達の「教材選びも相談したい」という悩みにつけこんで内容の伴わない教材をすすめてきます。

自分で教材内容をチェックすることが、もっとも効果的で重要な防御策。

したがって「自由」「販売」いずれにおいても、教材を自分で選ぶための知識をもっておくことが大切になります。

オンライン家庭教師の教材でいちばん注意すべきポイントが「販売のみ」という形式で、さらに高額で売りつけられるリスクをしっかりと避けることです。

 

中学受験などには「コース設定」があること

中学受験などには「コース設定」があること

小学生にオンライン家庭教師を選ぶときに、もし中学受験を目標にする場合は「コース設定」を見ることが大切です。

オンライン家庭教師というのは中学受験を得意とする会社、またはそうでない場合もあります。

中学受験に向いているオンライン家庭教師を見極めるためのポイントが「コース設定」で、いちばん選んで失敗しないのが「中学受験コース」が設定されている会社を選ぶこと。

つまり「ハイレベルに対応できるための根拠」があること。

 

もし中学受験コースが設定されていない場合でも、中学生向きの難関校対策、高校生向きの入試対策などが設定されている場合であればまず選んで失敗しません。

いちばん選ぶべきではないのが、小学生コースのみという場合。

小学生全般を一括りにして「学力関係なく指導を行う」という場合がほとんどで、中学受験対策を十分に実践できる根拠に乏しいため選ばない方がおすすめです。

オンライン家庭教師は訪問型と同じレベルで勉強できるので、中学受験対策は十分に可能です。

より中学受験に適した指導を受けさせようと思えば、この「コース設定」にぜひ注目してみてください。

 

意味不明項目のない適切な「料金体系」であること

意味不明項目のない適切な「料金体系」であること

オンライン家庭教師をくまなく探っていると、だんだんと鮮明に見えてくるのがこの「料金体系」です。とくに意味不明な費用を掲載している会社が本当に多いので十分に注意すべきです。

まずオンライン家庭教師の費用は、基本スタイルが「入会金」「受講料」です。

はじめに「受講料」の注意ポイントをお伝えしておくと、この受講料というのは「時間」も同時に考えなければいけません。

つまり同じ受講料であっても、1コマ当りの時間が違えばコスパも変わってくるということ。

オンライン家庭教師の中には「受講料○○円で安い!」などとキャッチコピーに書かれている場合もありますが、とくにそのような会社には要注意。

1コマ当りの受講時間もしっかりチェックしないと適正な受講料はわかりません。

 

また「入会金」「受講料」という基本費用2つ以外に、さらにほかの費用項目がある場合はとくに注意が必要です。

よく見かけるのが年会費、サポート料、登録料、維持費、事務手数料といったもの。

このような不明な費用項目というのは多くのオンライン家庭教師で見かけますが、くれぐれも「根拠のある費用」であることを確認することが超重要なポイントになります。

 

たとえば「保障のあるオンライン会議システム」を使用するための使用料など、こういった根拠がハッキリと確認できる場合は必要な費用と判断できます。

これとは逆に先ほど挙げた「登録料」などは、まったく意味不明な費用項目。

ときには「インターネット使用料」など完全に意味不明といえる費用を掲載している会社もあるので、もし意味がわからないと感じた場合は電話確認などを通じて納得いくまでチェックすることが大切です。

オンライン家庭教師では、この「費用」というのもトラブルが多いポイントになっています。

少しでも疑問に感じれば放っておかず、細心の注意をもって探って不明点を明らかにしておかなければいけません。

 

参考:オンライン家庭教師の料金で注意すべき5つのポイント

曖昧な表現の「キャッチコピー」がないこと

曖昧な表現の「キャッチコピー」がないこと

ここまでにもキャッチコピーについて少し解説しましたが、そもそも私たちを混乱させる、最悪の場合は騙すようなキャッチコピーには注意しないといけません。

オンライン家庭教師のキャッチコピーというのも本当にひどいもので、パッと見はかなりお得そうなことが書いてあっても、結果的にぜんぜんお得じゃないカラクリが仕掛けてある場合がとても多いです。

先ほどもお伝えしたように「授業料」がよい例。

授業料が安い!とキャッチコピーで謳われていても、受講時間が短く結果的に割高料金となってしまうなど。

もう1つ例を挙げると「入会金」なども混乱する表現があります。

たとえば入会金無料!とキャッチコピーで謳っておいて、割高な受講料および意味不明な費用によって結果的に割高となってしまうなど。

こんなのに騙されないためには、基本的に「キャッチコピーは信じない」というスタンスが超大事になります。

 

また混乱するようなキャッチコピーを1つでも見つければ、そのオンライン家庭教師は信頼がおけないと判断して選択肢から外すなど。

1ヵ所でもおかしなキャッチコピーを謳う会社は、全体に渡っておかしなことを考えています。

あとで後悔する家庭というのは、まずこのキャッチコピーに騙されているパターンが多い。

たかが謳い文句だと考えず、人を騙すような表現があるというのは「信頼のおける健全なオンライン家庭教師ではない」と見限ってしまいましょう。

この部分もオンライン家庭教師の選び方で、私が強くいいたい項目です。

TSUTOMU

オンライン家庭教師の選び方では、お伝えした「5項目」は最低でも守ってください。

しっかりと掘り下げて、徹底的に追求することが大切です。

✅ 私がピックアップした「間違いなくおすすめ」もぜひ参考までに。

オンライン家庭教師「小学生」おすすめランキング
【元塾講師が教える】オンライン家庭教師「小学生」おすすめランキング

これまで私なりに小学生の通信教育全般を広く探り、本質的に「おすすめ」といえる優秀な教材をご紹介してきました。 おもに5教科をはじめ、小学校でも完全に必須となった英会話・英検、さらに新たな教科プログラミ ...

続きを見る

 

まとめ

今回は「オンライン家庭教師の選び方」について、元塾講師および徹底調査をした知識から5つのポイントを解説してきました。問題と対策について少しでもお伝えできていれば嬉しいです。

オンライン家庭教師というのは自粛に適した家庭学習で、とても便利で高い学習効果が期待できるスタイルです。

とくに小学生の場合は将来もっと普及するであろう「オンライン授業に慣れる」という点においても、極めて効果的な勉強ができる手段といえます。

しかし便利ではあっても、その裏にはいろいろとデメリットも隠されています。

まんまとそのデメリット(地雷)を踏んでしまい後悔する家庭も実際にたくさんありますので、くれぐれも解説して5つのポイントは最低でも実践なさることをおすすめします。

私はつねに、小学生の子供を育てるあなたの見方です。

 

TSUTOMU

自粛生活にぴったりの通信教育ですが、より安全安心に利用できる方法をご存知ですか?専用タブレットではなく「自宅のタブレット」などにこだわるのもおすすめの手段です。

詳しくは:自粛生活で学習塾へ通えないときに安全な「自宅端末」を使う通信教育3選

自粛生活で学習塾へ通えないときに安全な「自宅端末」を使う通信教育3選

今回「自宅端末」を使う通信教育をおすすめする理由は非接触によりウィルスを外部から全く家庭に入れないためです。 自粛生活に通信教育をお考えでしたら、より安全安心な環境で自宅学習を実践できる勉強方法になる ...

続きを見る




おすすめ記事

小学生 通信教育 低学年 1

小学生の低学年におすすめのタブレット通信教育で、5教科が勉強できる教材を3選にしてお伝えします。 小学生の通信教育というのは4年生~というものが多いです。 また5教科に対応していない教材もよくあるんで ...

小学生 通信教育 高学年 2

小学生タブレット通信教育で「高学年向け」のおすすめ教材をピックアップします。 よくランキングで表示してあるサイトなどもありますが「おすすめの定義がどこにあるのか?」をチェックすることが重要。 根拠もな ...

小学生のオンライン英会話ランキング!成績アップにつながる根拠付き 3

小学生のオンライン英会話をランキングにしました。 このオンライン英会話ランキングでとくに力を入れたのが「本当に成績アップにつながるの?」という部分。 そのために、つぎの3つは徹底的に探っています。 時 ...

4

小学生のうちに英検3級をとっておきたい! でも英会話スクールに通うのも「費用が高い」「近くにない」という問題も出てきます。 そこで、タブレット通信教育で英検3級の”2次試験対策”までができる教材を3選 ...

小学生がプログラミングを無料体験できる3つのおすすめなスクール 5

小学生がプログラミングを無料体験できるスクールをお伝えします。 とくに初心者におすすめな「Scratch」などが無料体験できるので、これからプログラミング学習を始めようと考えている家庭にピッタリです。 ...

6

オンライン英会話といえば通信教育の中でもとくにメジャーなジャンルで、それだけに良否の差というのはとても大きな開きがあるものです。 したがって選び方によっては高い学習効果を得られずお金だけ損をするという ...

オンライン家庭教師「小学生」おすすめランキング 7

これまで私なりに小学生の通信教育全般を広く探り、本質的に「おすすめ」といえる優秀な教材をご紹介してきました。 おもに5教科をはじめ、小学校でも完全に必須となった英会話・英検、さらに新たな教科プログラミ ...

-オンライン家庭教師, 基礎知識など
-,

Copyright© 元塾講師TSUTOMUによる小学生の通信教育情報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.